人生を前向きに生きる為のちょっとした思い

人生は長いし辛いことも多いです。そんな時に、人生前向きになれるような励みになるようなちょっとした思いを書き綴っていきたいと思います。

子供の世界は厳しい…

子供の世界のほうが大変だなと思う時がよくある。

子供の場合、逃げるという選択肢がそもそもないのである。

もし逃げれば、親からも先生からも友達からも、いろいろ言われるので八方ふさがりになってしまう。

その点大人はどうだろう。

既に逃げる術を知っているし、例え逃げても、いろんな道があることを知っているので、ある意味逃げにはならないことも多い。

例え逃げたとしても、もう誰にも何にも言われない。

子供の時とは違って、何でも自分でも決めることができる為、親からも先生からも、何も言われない。

決めるのはすべて自分なのである。

逃げようがもがこうが、ある意味子供の頃と違って誰も助けてくれないのである。

これが大人と子供の違いだろう。。

 

【青森の出会い体験談】清楚系美人妻の極上フェラが最高だった

死の直前まで今を一生懸命生きる

おそらく死の直前まで一生懸命生きる人が大半だと思う。

1か月があなたは死ぬと言われても、その1か月で何をしますか?

何もしませんか?

1か月も待てない今すぐ死にたい!と思いますか?

少しの希望を持ちながら、今日は無事生きれた!明日も無事に生きれるように頑張ろう!

って思うと思うんです。

でもこれって、普通の人と同じ考え方ですよね?

ということは、今日一日を一生懸命生きるということを目標にすれば、余命宣告された人もされてない人も、基本同じなんじゃないでしょうか?

今日を一生懸命生きるの積み重ね=一生

ですからね。

明日のことなんて、どうなるか誰にもわかりません。

だから、今日という日を一生懸命生きることに注力すべきかと思います。

 

埼玉で出会った淫乱人妻

人生をもう一度やり直させるとしたら

人生もう一度やり直せるとしたら、高校時代まで戻りたいですね。

高校時代まで戻って、もう一度受験をやり直したいと思います。

受験をやり直して、どこの大学を目指すかといったら、東京大学か慶応か早稲田この3つですね。

正直この3つの大学へ行かないと、サラリーマン人生で成功する確率はグッと下がると思うのです。

逆に言えば、この3つの大学のどこかを卒業していれば、まーまずサラリーマンでしくじることは少ないと思います。

大学を卒業して、約50年弱続くサラリーマン人生を幸せにする為には、ここを頑張ればさえずれば、幸せになれると思ったら、受験頑張りません?

 

僕の子供が男の子だったら、絶対にいい大学を目指させます。

サラリーマン人生を幸せに生きる方法を身を持って体験してきたから…。

 

【三重の出会い体験談】アブノーマルなセックスを望む四日市の人妻

人生小さな幸せを積み重ねることが幸せの証

人生、目的や目標がないと、やはりとても退屈な人生になってしまうと思います。

仕事したくない、会社行きたくないというのはありますが、じゃ、それが本当毎日、仕事しなくていい、会社行かなくていいとなったら、毎日あなたは何をしますか?

毎日、朝遅く起きて、朝食を食べて、テレビをみて、トイレに行って、また食事をして、夜眠くなったら寝る。

こんな生活を毎日続けたいですか?

毎日、喜びや悲しみやくやしさなんて全くないんですよ。

緊張することも、ドキドキすることもない。

こんな生活を望みますか?

毎日大変だけど、そこには歓びもあり、悲しみもあり、くさしさもある。

そして、今日の自分より明日の自分に期待をする毎日。

そうして過ごしていると、小さな幸せがたくさん見つけられると思うのです。

それが、幸せを感じるってことです。

大きな幸せなんてなくていいのです。

小さな幸せが積み重なることで、人は幸せだと感じるんだと思います。

 

 

【愛媛の出会い体験談】松山で愛媛みかんよりも甘い汁を吸うことができました

 

カラオケができるスナックにハマっています

最近、カラオケができるスナックにハマっています。

何故なら、スナックでカラオケをすると、女の子たちにチヤホヤされるからです。

当然、お客様なので店員の女の子は、男をチヤホヤするのは当然なのですが、それが仕事だと思っていても、男はうれしいものです。

ほんと、男は単純ですよね。

自分で言うのもなんですが…。

女性もそうですよね。

ホストクラブへハマる女性も多いですが、女性もそういった心理からハマッてしまうんだと思います。

やっぱり、男も女も、チヤホヤされたいのは変わらないですね。

おそらく、そういうところへ行ってチヤホヤされたい願望の人は、今現在において、チヤホヤされる機会がないので、ない物ねだりの裏返しですけどね!

 

【茨城の出会い体験談】水戸駅で意気投合!28歳フリーターとホテル直行

 

 

40歳を過ぎて、再びかっこいい男になりたいと思うようになった

40歳を過ぎたあたりから、再びかっこいい男になりたいという思いが沸き上がってくるのは私だけでしょうか?

女の子の子供を持つ親だからなのか、それとも、心に余裕がでてきて、再び女にモテたいと思っているからなのか?自分でも定かではないが、またかっこいい男を目指したいという今日この頃である。

まずは、体型ですね。

40歳を過ぎると、今までと何も変わらない生活なのに、ブクブクと太ってきます。

だから、夜は夕食を控えめに、そして毎週マラソンをするようになりました。

でも、これでようやく体重を現状維持できる程度です。

本当に中年太りはやっかいです。

もう少しやせたら、髪型は服装にも気を使って、かっこいい男を目指して頑張っていこうと思います。

 

【北海道の出会い体験談】札幌で言葉攻めが大好きなエッチな人妻と出会う

日に日にクリスマスとお正月が近づいている

日に日に、クリスマスとお正月に近づいていますね。

子供じゃないですけど、すっごく楽しみです。

あともう少しで年内もおしまいです。

そして1月にはまた新しい年がはじまってしまいます。

1月の会社はじまりって嫌なものですね~。

毎年思いますが。。。

本当もう、このまま会社へ行かないで、ずーっとこたつでテレビみていたいって思いますよね?

こうやって、何年も繰り返していくのです。

毎年、年末年始の気持ちって同じですよね~。

でもとりあえず今を楽しむことに集中して、来年は来年の風が吹く!

明日のことだってわからない世の中なんだから…。

そう考えないとやってられないですよね!

 

 

カラオケ好きのアラフォー人妻はエロ過ぎてヤバい